キャッシング

安心! 初めてのキャッシング

プロフィール

まさむね

Author:まさむね
正しいキャッシングの知識を勉強しましょう!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ


安心! 初めてのキャッシング

キャッシングとは無担保・無保証人で金融機関から一時的にお金を借りることです。
大変気軽に利用できるので、最近は多くの人がキャッシングを利用しています。


早いところでは即日資金融資を受けることができるので
急にお金が必要になった人などには重宝されています。

キャッシングには大きく分けて2つの種類があります。
フリーローンと目的ローンです。


フリーローンは、借入れた資金を借り手が好きな用途に使えるものです。
目的ローンはその逆で、借入れた資金を決められた目的のためだけに使うものです。

資金の用途が決められているということで低めの金利で融資を受けることができます。


目的ローンは、資金の利用目的に合わせてさまざまな商品が提供されています。

提供されている商品は各社で異なっていますが、
トラベルローン
住宅ローン
自動車ローン
事業者ローン
不動産担保ローン
などがあります。

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャッシング審査基準

2012年01月20日(金)

キャッシングの審査内容は先に述べたとおりですが、それぞれの審査内容で設けられている基準について知っておく必要があります。

もちろん細かい数値や詳細まではどこの会社も明らかにしていませんが、大まかな基準については各社共通していると言えます。
基準の詳細が分からないと心配に感じる人もいると思いますが、そのような人は申し込みの前にインターネットで審査シュミレーションをしてみることをお勧めします。

これによって、だいたいの審査結果を知ることができるでしょう。

では、まず利用歴について一般的な考え方を見ていきます。
やはり、他社での借入れは少ないに越したことはありません。

他社での借入れがない方が評価が高いと言われていますが、他社で借入れをしていてもきちんと返済をしている人なら評価に響くことはあまりないと言えるでしょう。

職業に関してはある程度の収入が保証されている公務員などが評価が高いと言われています。
住居に関しては、賃貸よりも持家の方が一般的に高評価となっています。

キャッシングはどんな審査をするの?

2012年01月14日(土)

キャッシングの審査では、借り手の返済能力を調査すると述べてきましたが、審査の内容はどのようなものなのか簡単に触れておきたいと思います。

キャッシングの審査において金融機関からチェックされるポイントとしては、やはり利用歴がとても大きな比重を占めているといえます。

利用歴というのは、借り手が他社でどのくらいの金額借入れをしているか、今まで滞納なくきちんと返済しているかという実績、過去に破産したことはないかなどのことを指します。
利用歴のほかには、公務員・正社員・自営業・派遣・アルバイトのいずれの勤務形態で仕事をしているかという職業の面でも審査されます。

また、持家か賃貸かなど住居に関する情報も審査対象として挙げることができます。
主な審査内容は今述べてきたとおりですが、利用する機関によって審査内容は異なります。

キャッシングを利用する際には、事前に審査の内容も見てみると良いかもしれません。

キャッシング審査に必要な書類

2012年01月11日(水)

キャッシングの審査を行うためには、金融機関が借り手の返済能力を調査するために必要な資料がいくつかあります。

キャッシング会社・キャッシング商品・借入れ額によって提出を求められる書類は異なっています。
まずは、借り手の身分を証明する書類が必要です。

これは、借り手の住所の確認に使用されているようです。
例えば、パスポート・運転免許証・住民票の写し・各種保険証のいずれかを提出すれば問題なく審査に入ってもらえるでしょう。

もちろん住民票以外は原本ではなくコピーで大丈夫です。
また、これは50万円以上のキャッシング利用時に提出を求められるのが普通ですが、収入を証明できる書類も必要です。

普通の会社員は源泉徴収票・給与明細・課税証明のいずれかのコピー、自営業の人は、税額通知書・課税証明・確定申告・所得証明書のいずれかのコピーが必要です。
これらの書類をもとに金融機関は審査を行います。

キャッシングの審査

2012年01月04日(水)

キャッシングを利用する場合、緊急にお金が必要だったとしても金融機関の審査で融資可能と判断してもらえなければ実際に資金を融資してもらうことはできません。

先にも述べましたが、キャッシングは無担保・無保証人で融資を受けることができるため、とにかく借り手の信用が最も重要な担保になります。

金融機関としては、きちんと返済してくれる人にしか融資をしたくないと考えています。
そのため、申し込みをしてきた人がきちんと返済する能力があって信用できるかどうかを判断するために、融資前に審査というものを行って調査をするのです。

各社さまざまなポイントから借り手の信用を調査するわけですが、一般的には他社での借入れをどのくらいしているのか、今までに滞納をしたりしていないか、破産経験はないか、どのような職業に就いているか、どのような住宅に住んでいるかなどの観点で総合的な判断をしているようです。

この審査によって、融資可否や融資限度額が決定されています。

キャッシングまでの流れ

2012年01月03日(火)

キャッシングの概要についてはだいたい理解できたと思います。

実際にキャッシングを利用しようとした場合、融資を受けるためにはどのような手続きが必要なのでしょうか。
今までにも述べてきましたが、キャッシングを利用したいときには、自分のニーズと返済計画をまず明確にする必要があります。

どのくらいの金額を、どのくらいの期間、どのくらいの金利で借入れ、何のために利用するのかなどをまず精査します。

それがはっきりしたら、インターネットなどで色々な商品を比較し、自分に合った商品を決定します。
各社で申し込み方法は何通りか準備されていますが、窓口に出向いて指定の申込用紙に記入する方法とインターネット上のフォームに必要事項を記入する方法が現在利用されている主なものであると考えられます。

申し込み後は、金融機関側の審査を経て、実際に資金の融資を受けることができます。
審査後にすぐ振込などで融資を受けられるものもありますが、カードが発行される商品などについてはカードが自宅に送付されてきてからキャッシングの利用が可能になります。

スポンサードリンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

アクセスカウンター

 
高血圧対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。