キャッシング

安心! 初めてのキャッシング

プロフィール

まさむね

Author:まさむね
正しいキャッシングの知識を勉強しましょう!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀行系キャッシング

2011年11月30日(水)

消費者金融のほかに、銀行でもキャッシングサービスを提供しています。

このように、銀行が提供しているキャッシングサービスのことを銀行系キャッシングと呼びます。

銀行が提供しているキャッシングサービスについても、テレビのコマーシャル等で目にすることは多いと思いますが、三菱東京UFJ銀行グループが提供しているDCキャッシュワン、三井住友銀行のアットローン、新生銀行のノーローンなど多くのサービスが提供されています。

提供主が一般的に広く知られた銀行ですので、借り手は安心してキャッシングサービスを利用することができるのではないでしょうか。
消費者金融系キャッシングは緊急で資金の融資が必要な人で、借入れ期間が短期の人に向いていると述べましたが、銀行系キャッシングはどちらかというと長期の借入れを考えている人に向いています。

というのは、銀行系キャッシングには審査は少し時間がかかる傾向にあるのと、金利が抑えられているという特徴があるからです。
急ぎで資金が必要でなければ審査期間が少々長くても特に問題はありませんし、金利が抑えられていれば長期間の借入れでも無理なく返済ができます。

消費者金融系キャッシング

2011年11月28日(月)

キャッシングローンの種類について、主な商品の特徴を見てきました。
キャッシングは大変身近なもので、気軽に利用することができますが、キャッシングサービスはどのような企業が提供しているのでしょうか。

キャッシングサービスを提供している金融機関は複数種類ありますので、順番に見ていきたいと思います。
まず1つめに挙げられるのはよくテレビコマーシャルでも目にする消費者金融です。

消費者金融が提供しているキャッシングサービスのことを、消費者金融系キャッシングと言います。
消費者金融にはプロミス・アコム・レイクなどテレビでよく見かける企業が名を連ねています。

消費者金融系キャッシングのメリットである審査の早さ、デメリットである金利の高さを考えると、緊急に資金が必要になった場合や、借入れ後すぐに返済できる場合の利用に向いていると言えます。

不動産担保ローン

2011年11月27日(日)

不動産担保ローンというものもあるのですが、これもキャッシングのローンのうちの1つです。
不動産担保ローンというのは、手持ちの不動産や知人より提供された不動産を担保にして資金の借入れを行うものです。

このローンでは融資を受けた資金の使い道は特に限定されていないのが一般的ですので、借入れた資金を自由に使うことができます。
また、不動産を担保にしていることで借入れ期間を長く設定することができますので、月々の返済額を抑えることが可能です。

不動産ローンの特徴としては、長期返済のほかに不動産を担保にするということで、通常のキャッシングローンでは借りることのできない数億円という金額までの借入れが可能な点が挙げられます。

融資限度額が高額になると言っても、限度額の判断は担保となる不動産の評価額をもとに行われますので、不動産の評価があまり高くない場合には、高額の融資を受けることができません。
仮に高額の融資を受けることができたとしても、金利が高く設定されることがあります。

事業者ローン

2011年11月26日(土)

今まで挙げてきたローンは馴染みのあるものが多かったと思いますが、キャッシングの目的ローンには事業者ローンというものがあります。

これは対象者が絞られている商品のため普段利用する機会はあまりないと思います。
事業者ローンとは、ビジネスローンとも呼ばれているのですが、中小企業や個人事業主のために資金を融資する商品のことです。

このローンを利用する人としては、会社の経営者や、商店主、SOHOなどの個人経営者などを挙げることができます。
事業や商売をしていると、資金面で色々な心配事が出てくるものです。

新しい設備を購入したい、ビジネスチャンスが到来したがすぐに出せる資金がない、何かあったときのための予備資金を準備しておきたいなど挙げるとキリがありません。

銀行で融資を受けようとすると審査に時間がかかってしまいますが、事業者ローンを利用すると、先ほど挙げたような急な出費や予備資金にも対応することができるのです。

自動車ローン

2011年11月24日(木)

続いて、キャッシングの目的ローンのうち自動車ローンについて見ていきたいと思います。

こちらも住宅ローン同様大変よく耳にすると思いますし、大変身近なものとして認識されていると思います。
自分の車がほしいと思っても車も決して安いものではありません。

自分の車を購入するときの資金を融資してもらうのが自動車ローンです。
今までは自動車ローンは販売店で組むというのが一般的な方法でしたが、今では各金融機関で取り扱われていますし、インターネットでの申し込みも可能になりました。

また、資金の使い道も新車・中古車の購入資金として利用できるほかに、カーナビやホイール等の車に付属する機械等のグレードアップ費用、免許取得のための費用、車検のための費用などさまざまな用途で融資を受けることができます。

自動車ローンにも優遇サービスが提供されている商品があります。
例えば、ハイブリッド車や電気自動車などの低公害車であれば優遇金利を適用してもらえるサービスなどです。

住宅ローン

2011年11月23日(水)

キャッシングの目的ローンには住宅ローンというものもあります。

住宅ローンについてはよく耳にするので、何となく意味は分かりやすいかと思います。
住宅を購入するには大変多額な資金が必要になります。
自分が持っている資金だけでは足りないことがほとんどだと思います。

そのようなときにこの住宅ローンを利用して、住宅購入資金について融資を受けることができます。

住宅ローンは住宅を購入するための資金を融資してもらうと述べてきましたが、住宅ローンは新築購入以外にも、中古の一戸建てやマンションを購入する場合や、併用住宅を購入する場合、住宅購入に際して必要となる費用などにも適用されています。

併用住宅とは、事務所・店舗・共同住宅などのことを指します。
一般的に、住宅ローンは非常に多額の資金を借入れることになりますので、返済計画をしっかりと立てておく必要があります。

トラベルローン

2011年11月21日(月)

キャッシングの目的ローンとして提供されている商品個々について詳細に見ていきたいと思います。
まずは、トラベルローンについて説明します。

海外旅行や国内旅行に行きたいけれど費用が足りずに困っている場合などにはこのトラベルローンを利用すると便利です。
トラベルローンでは、旅行資金の不足分など旅行のための資金を融資してもらえるのです。

つまり、利用目的を旅行に限定されたキャッシング商品ということです。
トラベルローンには、色々な特典がついてくる商品も提供されています。
例えば、トラベラーズチェック発行手数料や外貨両替手数料などが割安になるものなどがあります。

金利が優遇されるものなどもあったり、金融機関各社でさまざまな付加サービスが提供されています。
付加サービスが多いため、利用にあたってはそれなりに厳しい条件が設定されていますが、大変利便性の良い商品ですので、どのような特典がついてくるのかなども調べて商品を選択すると良いでしょう。

スポンサードリンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

アクセスカウンター

 
高血圧対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。